藤本久

記事一覧(52)

ふすまの「知っ得(^^♪」

3月も終わりになってきました。春はもうすぐそこです。暦の上ではもう春です。春は一番好きな季節、たぶん多くの方がそう思っていると思います。ふと子供のころに歌った歌を思い出します。さくらさくら、やよいの空は・・・。俳句の世界では、花というと、桜を指すそうです。(季語)春の俳句をひねる際、やっぱり桜というのを読みたくなりますものね。でもあまりにもたくさんの方が読まれるので似た句になってしまうとか。私もお花見にいって、今年は俳句でも考えてみようかしら笑・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・<<一般常識ではないけど知っ得(^^♪>>3月は引っ越しのシーズンでもあります。ふすまの張替がやはり多い月でもあります。ふすまの張替を依頼される際、気をつけたほうがよいことは、「ふすまを一枚貼り替える料金について」です。一枚の料金が、裏表での料金なのかどうか、です。安いふすまやさんに頼んだつもりでも、裏表それぞれの片面の料金を一枚と換算するお店と両面(ふすまの裏、表)で一枚というお店と、引き手の金具を変えるか否か。で、結構お値段が変わったりします。*注(ひどい破れ、骨までの痛みがある場合は別です)*★例。台所と居間のしきりにあるふすまを4枚変えようと思った際。→このふすま4枚は両面で8枚のふすま紙になりますよね。これを「ふすま4枚」とするか「ふすま8枚」と換算するか、です。ちょっとややこしいんですけど、実際に一度でも片面を一枚という料金で張替されたことのあるお客様は、当店にお電話でのご依頼時に、最初から裏表の数を言われることが多いのです。安い値段で替えたつもりでも、実際に裏表と別料金ですと倍の値段になりますので張り替える前に一度確認をされることをお勧めします。ちなみに当店は、ふすま一枚、というとふすまの裏表と引き手を交換します。★例。押入れのふすまの裏紙は変えないままでもよいか?→片面で一枚という設定だと、押入れのふすまでも両面ということで二枚の張替になるため裏面は人に見えないので張り替えずに表のみを変える。 実際に今までにあったお話なのですが、こうした場合、ふすまは反っていきますので、おうちのゆがみにもつながります。一枚が裏表の料金のお店だと、片方だけ張り替えるなどはまず、ありません。少しでも安く、と思って結局高くついた、ということのないようにしてくださいね(^^♪わかりにくかったらメール、電話、掲示板などでいつでもご相談下さいね。ではでは(^^♪

ハッピーバレンタインデー(^^♪

皆さまこんばんはぁ(^^♪今日はバレンタインでしたね。素敵な一日を過ごせましたでしょうか。今年は手作りチョコでしたか?それとも高級チョコ?バレンタインデーが、こんなに普通にあたりまえっぽくなかったとき。本当に「告白」の意味を持っていたのって、私の場合は学生のころです。片思いか両想いかわからない、だからあげるかあげないかも勇気次第、って感じで。ああいうドキドキ感っていうものは、大人になると消えていくのかなぁ。そういえば、好きでよく見る映画「鍵泥棒のメソッド」の中で、ヒロインの姉が、ヒロインにむかって「昔、(好きな人を思うと)ムネのあたりがキューンってしたでしょ?キューン、ってしか表現できないような。あれって30を超えるとなくなるの。壊れちゃうのねきっと。」っていう感じで言ってたのを思い出しました。大人になると、片思いだとか両想いだとかそういう次元ではなく夫と妻であったり、恋人同士であったり、母と息子であったり。もう形ができているから、なかなか「愛の告白」みたいな感覚にはならないんですよね勿論すべての方に当てはまるわけではありませんが、たいていご自分のパートナーというべき方がおられるわけでチョコレートを渡す、という行為も、バレンタインだから渡す、っていう感じで決してサプライズではないですよね。ご主人であったり彼氏であったりすれば「もらえるのは当然」とたぶん思っている。決して渡してびっくりして感動されるようなイベントではなくなっているような気がする。むしろ義理チョコのほうがサプライズかも。まさかもらえると思ってなかったような方からチョコをもらうっていうのは。あと、娘と父、のパターンだと、父親は多分すっごくうれしいでしょうね。この関係性には、サプライズに近い嬉しさがあると思います。イベント、に乗っかってしまうのが、なんとなく私は、惰性に思えて仕方ないんです。日頃の感謝をこめて・・とも思うけど売り場にはこれでもかというほどバレンタインのコーナーがあるわけで多分男性は、このコーナーを見るというか通過するの、すごい恥ずかしいんじゃないかなって思うんです。じーーっとみるわけにもいかず多分無類のチョコ好きの男性ならうれしいかもしれないけど。だから私は自分が渡すのもなんだか恥ずかしいです。そんなに高価なチョコを買うわけでもないしバレンタインだからあげても感動まではいかないだろうけど渡さなかったらそれはそれで寂しいんじゃないかと思いますし。期待されてる、というかたぶんあたりまえにもらえると思われているような気がするから買う、って感じになっちゃう。そこを見透かされてる気がするんですよね。だから恥ずかしい。そういいつつも、できれば美味しいチョコをあげたいなあと思いますから毎年、今年はいったいどこで買おうかなーーって思います。結局イベントに乗っかっちゃうんですね(笑)そんなに高くなくて、子供っぽくもなくて、できれば珍しくってと思っちゃうとじっくり売り場にいかないとですよね。とゆーわけで私は本日、日頃の感謝をこめて店主にチョコを渡しましたぁ。京都の、抹茶でコーティングしてあるイチゴのチョコです。中身がイチゴなんです。